インクの量の調節が大切

印鑑イメージ

わたしたちが生活するうえで欠かせないもののひとつとも言える、印鑑。
印鑑を使う機会ってすごく多いですよね。

大事な契約書や仕事上で使う社印、もっと身近なものですと簡単な荷物や書き留めなどを受け取るときにも、たしかに受け取りましたというサインのため、認印を押してくださいと言われます。

このように頻繁に押すことを求められる印鑑なのですが、印鑑を毎回きれいに押している! という自信のある方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

いつも使っていても、きれいに押すとなるとなかなか難しい印鑑。
気合いを入れて押してみたものの、思うような印影にならなかったり、予想していたよりななめになってしまったりと、困った経験のある方もたくさんいらっしゃるかと思います。

わたしも今までに数えきれないくらい、印鑑が上手く押せずに困ったことがありました。
荷物の受け取りや簡単な証明なら、別にそこまで気にする必要もないと思うのですが、重要な場面、たとえば実印を押す機会などには、美しく印を押したいものですよね。

そこで、印鑑をきれいに押すコツはないのか調べてみました。その中でも最も大切と思われることをご紹介します。

印鑑を押す際、いちばん気を付けなければいけないのは、朱肉を付けすぎずに押すことらしいです。
きれいに押そうと意気込むと、つい付けすぎてしまう朱肉。わたしも今まで付けすぎていた気がします。

朱肉をつけすぎることで、印面にインクが詰まってしまったりする原因になり、結果的にきれいにならない場合が多いそうです。
これからは適度な量をつけるよう、気を付けていきたいですね。

ページの先頭へ